マンションの大規模修繕|大規模修繕が建物と人の命を守る|お家のメンテ

大規模修繕が建物と人の命を守る|お家のメンテ

ウーマン

マンションの大規模修繕

マンション

大規模修繕って何

どのような形態の住まいに住んでいるかは人それぞれです。戸建て住宅や集合住宅など、様々な形で不動産経営や事業をしている会社があります。集合住宅の中でもアパート、マンションと形態は分かれますが、マンションを所有されている方は、管理費と修繕積立金というものを徴収しています。この修繕積立金で所有している不動産の大規模修繕を行ないます。建物は年数とともに経年劣化で、外壁塗装が剥がれたり、ひび割れを起こします。また、建物に不具合が出てしまうと、使用者に迷惑をかけてしまうこともあるので定期的な修繕が必要となります。ではこのマンション大規模修繕とは一体どのようなものなのでしょうか。

その頻度と意外な事実

では、このマンション大規模修繕は新築時より何年目に施工するのが一般的なのでしょうか。これは一概にこれが正解という年数はありませんが、国土交通省が一つの目安として新築から12年目を目安とする指針が出ています。このようなマンションのあらゆる決め事を議論し遂行する最高意思決定機関である「管理組合」が決定して何年目に大規模修繕するという方針を打ち出して、それに従うことになります。マンションのような堅固な建物においては、なかなか劣化と言ってもイメージがし辛いかもしれませんが、紫外線によって防水処理の劣化が現れたりするなど、実はマンションも結構劣化に対しては注意を要する建物であることについては、意外に知られていない事実です。